大阪シンフォニック クヮイア 
Osaka Symphonic Choir        テージ

大阪シンフォニック クヮイア(略称 OSC )は、枚方・大阪を拠点とした、プロのオーケストラと共演することを目的とした混声合唱団です。
当団のFacebook公式ページを立ち上げました。右のQRコードをとスマートホンで読み取るとアクセスできます。

ジョン・ラター「The Gift of Life」生命(いのち)の贈り物 日本初演(フルオーケストラ版)に本年2022年に再挑戦致します。
また、合唱団の指揮者 湯浅卓雄マエストロのOSC演奏会50回目という節目でもあります。ご期待ください。


演奏会詳細  日時:2022年10月2日 14:00開演(13:00開場)  ヴォーン・ウィリアムズ:グリーンスリーブスによる幻想曲 マックス・ブルッフ:スコットランド幻想曲* ジョン・ラター「生命(いのち)の贈り物」 The Gift of Life               −フルオーケストラ版日本初演 指揮:湯浅卓雄 ヴァイオリン:南 紫音* 管弦楽:大阪フィルハーモニー交響楽団  7月1日よりチケット販売開始しております。
 
 
           チケット申し込みは、こちらのチラシをクリック⇒⇒⇒

最新練習日程はこちらをクリック




団長メッセージ

ラター「生命(いのち)の贈り物」演奏会に向けて練習の仕上げと、  チケット販売に団を挙げて取り組んでいます。
 
演奏会まで2ヶ月を切り、演奏の仕上げそしてチケット販売に団を挙げて精力的に取り組んでいます。
 今、全国的に新型コロナ「第7波」が蔓延中で、特に高齢者は外出を控えるよう自粛要請が出ている
状況下にあります。OSCでは、高齢者が多く在籍しており、練習継続を高出席率で維持すること難し
いですが、コロナ感染対策を一層強め練習を続けています。

 演奏会のステージには130余名が出演予定です。またチケット販売も計画の8割ほどまでに至って
おりますが、そのあとの積み上げの難しさに直面しています。何事も目標達成・ゴールに近づくにつれ
、その僅かなところを成し遂げるには大きなエネルギーを要すること実感します。コロナ禍「第7波」
蔓延中という時期に遭遇していることもあって、チケット販売が思うように進んでおりません。コロナ
禍が緩和されること見極め下さって、102日(日)には、是非本邦初演(フルスコア版)の記念の
演奏をお聴き頂きますれば幸甚でございます。

チラシにチケット申し込み先を記載しております。お申込み頂きますれば幸甚でございます。
小生にご連絡頂きましても、必ず調達致しますのでご連絡下さいませ。

<追伸>ラター演奏会の次は、モーツァルト「レクイエム」に取り組みます。
  来年10月中旬ごろに演奏会を予定しています。会場は、兵庫県立芸術劇場ホールを申込予定ですが、現在演奏会の基本要項を詰めているところです。決まり次第団員募集チラシを作成します。もちろん当ホームページ上でもアナウンスさせて頂きます。ラター演奏会をお聴き下さって、OSCの次の取り組みに参加頂きますようご案内申し上げます。

 演奏会の詳細はチラシ(オモテ・ウラ)をご覧になってご確認下さい。    ⇒クリック

お問い合わせ諸々 
岡副 大(おかぞえまさる)  090-9110-2591                                    hlkfe503@yahoo.co.jp
お問い合わせ事項がございましたら何なりとお寄せ下さい。



OSCチケット受付ページはこちら

(チケットに関するお問合せ及び電話でのチケット購入は、藤井072-853-2982) 

       

    

                          団長:岡副 大(090-9110-2591
                                hlkfe503@yahoo.co.jp

   OSCの現在の団員数及び歴史はこちら      

暮らしの中に音楽、心にときめきを・・♪

news新着情報

 情報更新 2022.8.15

   大阪シンフォニック クヮイアのホームページへようこそ。




information

information



 大阪シンフォニック クヮイアは
枚方・大阪を拠点に、広く大阪・京都・兵庫・奈良からのメンバーで構成され
た混声合唱団です。

火曜クラス(寝屋川市他)午前中
水曜クラス(枚方市)夜間
木曜クラス(大阪市各所)夜間
で活動中。

練習再開しております。
→練習会場詳細へ
→練習日程詳細へ
 ご自由に見学へお越しください
 練習会場入り口でお申し出ください。

新型コロナウィルス対策について
マスクを装着の上、団員同士の距離を
とりながら練習します。
指導者と団員との間隔も十分にとって
指導を受けております。
練習場入り口では、体温計測と手指消毒を励行します。